Michael by Michael in
一般的な

VALORANTはまだ大きなEsport-Eventsを持っていませんが、T1はすでに本当のスーパーチームと。これでアカデミーラインアップが追加されることになりました。アメリカ人は時代を先取りしているのか?

T1と暴動ゲーム……それは過去の成功例です。リーグ・オブ・レジェンドでは、世界のスターであるイ・”フェイカー”・サンヒョクを中心とした組織が3度の世界チャンピオンになっている。

しかし、4月のVALORANTのベータ版では、T1が新たなライオットシューターにも関わってくることが早くも明らかになりました。ブラクストン “ブラックス “ピアースと一緒に、CS:GOのタレントが直接雇用されました。さらに、esports最大級の不祥事に巻き込まれた元iBUYPOWERのラインナップから、スカッドゥードルとAZKの2選手が加入。

VALORANTにはセカンドチャンスがあり、チームはすべてを捧げる準備ができている。始まりはストリーマーイベント「Twitch Rivals」で、チームも主権的に勝利した。ストリーマーの多くのラインナップが、自称プロチームと競い合った。初めての力の発揮。

今、元オーバーウォッチやAPEXレジェンドのプレイヤーを中心としたアカデミーチームが登場します。さらに、本物のカウンターストライクのレジェンドであるダニエル “fRoD “モンタンがチームを支えています。

他のチームは、新戦力を控えた対応をしている。フォーメーションは形成されているものの、実際のプロチームはほとんどありません。生態系VALORANTに具体的なEsport-futureがなければ、T1はすでにオールイン。

もしかしたら、序盤は組織が有利になるのかもしれません。新しいトレンドタイトルへの早期転換が価値あるものであることは、例えば『CS:GO』の開始時にパジャマを着た忍者が連勝したことで示されています。当時は他のチームが旧ゲーム1.6やCS:Sourceをやっていたので、87連勝があったのですが、その時には、他のチームが旧ゲーム1.6やCS:Sourceをやっていたので、87連勝がありました。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply