Stephan by Stephan in
一般的な

プレイステーション5の発売までには、まだいくつかの疑問が残っています。特許のリークはプレイヤーにPlayStation 1までの下位互換性への希望を与えている。
PS5のゲーム機のデザインやハードウェア、今後発売予定のゲームについては、Sony Revealのイベント以来明らかになっていますが、重要なキーとなるデータはまだ明らかになっていません。

これらには、価格、発売日、また下位互換性が含まれています。後者の点で特許リークがあり、ポジティブなニュースに期待が持てます。

Twitterの投稿によると、このコンソールでは、クラウドサービスを介して過去のプレイステーションの全世代のゲームをプレイできるようになるはずだという。しかし、いまだに疑問に思うコメントもあります。

特許はストリーミングサービスのみ?
特許によると、ゲームは仮想コンソールを使って次世代コンソールで動作するようにするという。そのため、実質的にはエミュレータです。また、ゲームはクラウドサービス経由でしか提供されないというのも怪しい。

このツイートのコメント欄では、ソニーのPlayStation Nowサービスの特許ではないかと疑うユーザーが多い。これは月額料金に基づいており、様々なゲームをコンソールなどにストリーミング配信することができます。

このサービスは将来的にはPlayStation 5でも利用される可能性があります。PS Nowも今のところPS1のゲームはストリーミング配信されていませんが、今後変更される可能性があります。

しかし、現在ではほとんどのPS4のゲームが新コンソールと互換性を持つことが確実になっています。この機能は、クラウドサービスがなくても使えるはずです。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply