Thomas by Thomas in
一般的な

それはおそらく最もホットなEsporttitel最新です:VALORANTはシューターの範囲でもライオットゲームを確立することです。しかし、一体何が待っているのでしょうか?

5対5、ターンベースのシューティングゲームで、特殊能力を持つ個々のヒーローと。以上、Riotの新作シューター「VALORANT」の大まかな事実をご紹介しました。2020年夏にリリースされ、4月にはβフェーズが始まるはずです。

レビューを見てみると、絶賛の声が多く寄せられています。元CSプロで現役キャストのヘンリー “HenryG “グリアは、偉大なシュータータイトルの一つになる可能性を語った。彼は2月に初期バージョンをプレイし、CS:GO以来の最高のゲームと見ています。

シンプルなマップ
Counter-Strikeと同様に、マップには明確なパスや “ホットスポット “が用意されています。本当に四角い廊下とか、似たようなものはありません。少なくとも、これまでに知られているゲームプレイのヒントを与えてくれます。

Defusal/Search-and-destroyモードでは、CSのようにAとBスポットがあり、そこに爆弾(スパイク)を置くことができます。また、様々な特殊能力や装備要素により、一部のパスを除外したり隠したりすることで、敵がそこで見えなくなったり、ダメージを受けたりすることができます。

経済

キャラクターに依存しない購入コンセプトがあり、カウンターストライクと似たような働きをします。チームメイトのために直接購入することも可能です。

武器カテゴリにはサイドアームズ(拳銃)、SMG、ショットガン、ライフル、スナイパー、ヘビー(重機関銃)があります。盾の購入も可能です。特殊能力は購入メニューでもアップグレードが可能です。

キャラクターやスキル
はじめに:コア能力以外のキャラクターの特殊能力は、例えばオーバーウォッチのようにラウンド開始時に獲得しなければならず、試合期間中はチャージされない。

特殊能力でプレイヤーは戦術的な利点を得る。例えば、SageのSlow Orbがありますが、これは相手の動きを遅くし、相手の歩幅を大きくするものです。または、危険なくマップを探索できるSovaのフクロウドローン。

一方、セージはヒーリングや蘇生も可能です。

ライオットゲームズによると、12人のプレイアブルキャラクターが発売予定とのこと。

それぞれのキャラクターや「エージェント」は、『VALORANT』でも呼ばれているように、4つの能力を持っています。1ラウンドごとに無料で使えるコアスキルが1つと、1ラウンドごとに購入する必要がある2つが追加されています。

ラウンドで使わなかった場合は、次のラウンドに持っていくことができます。第4の能力として、各エージェントは「アルティメット」を持っており、この特に強力な能力はキルを経由してチャージしてから使用する必要があります。

今回もEsportの有名タイトルであるCounter-Strike: Global OffensiveとOverwatchがミックスされています。

VALORANTのシステム要件を教えてください。
ハイエンドPCじゃなくてもRiotの新作タイトルを直接プレイして発売してくれればいい。Riotはできるだけ多くのプレイヤーを巻き込むために、意図的に低いシステム要件を実装しています。

最小要件(30 FPS

– Windows 7/8/10 64ビット
– 4GB RAM
– 1GB VRAM
– CPU: Intel i3-370M
– GPU: Intel HD 3000

推奨要件(60FPS)

– CPU: Intel i3-4150
– GPU:Geforce GT 730

ハイエンド要件(144+FPS)

– CPU:インテル Core i5-4460 3.2GHz
– GPU: GTX 1050 Ti

VALORANTを楽しみにしていますか?フェイスブック、ツイッター、インスタグラムで書いてください

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply