Stephan by Stephan in
一般的な

タクティカルシューター「VALORANT」が発売されてまだ数ヶ月しか経っていません。新興シーンへの足がかりを得るため、初のプロスポーツチームが結成される。彼らの給料は見応えがあります。

確立されたリーグがある前にチームが形成されることは、何も新しいことではありません。ここ数年を見ていると、ある模様が見えてきます。Apex Legends」や「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUND」は、リーグ制やトーナメントの発表前にプレイヤーが契約していたゲームです。

VALORANTは、この流れを新たな限界まで押し上げました。シューターのベータ期間中、つまり正式リリース前にすでにチームが結成されています。

チームの給料が印象的です。
グラハム・アシュトンのスポーツ紙「Esport-Journalist」によると、5人制チームの平均給料は月15.000ドルから25.000ドルとのこと。給与は地域によって異なります。ソーシャルメディアの認知度やリーチに応じて、上記の金額よりも高い給料を受け取る選手もいます。

他のゲームと同様に、プレイヤーはストリームやコンテンツを通じて自分自身を売り込むことができます。このようにして、彼らは自分のファンベースを構築することができます(Twitch、Youtube、… ヴァロラントで最も有名なプレイヤーの一人が、元オーバーウォッチのプロであるジェイ “シナトラア “ウォンだ。ウォンはオーバーウォッチのキャリアを諦め、センティネルズのためにVALORANTでスタート。

これまでのところ、VALORANTの開発者であるRiot Gamesは、”Ignition Series “という名前のトーナメントしか認めていません。バナー下の次の大会はWePlay! VALORANTインビテーショナル。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply