Stephan by Stephan in
一般的な

エレクトロニック・アーツは先日、昨年度の年次報告書を発表しました。出版社は利益を3倍にした。

EAが今後のゲームの計画を発表しただけでなく、昨年の詳細な年次報告書が公開されています。特に、「ライブサービス」としてゲームを提供するという考え方は、前向きな展開のように思えます。

合計で30億ドル以上の利益を計上することができた。去年は10億でした。しかし、今年の利益の半分は15億円の一時的な税金の還付から来ているので注意が必要です。

実際、利益は約10億円から15億円と50%増となった。

フルプライスタイトルの収入はごく一部
昨年のネットブッキングでは、デジタル売上が78%を占めています。売り上げの4分の1以下は店で買えるゲームからなんだな

デジタル販売の大半は、いわゆる「ライブサービス」によるものです。これらにはApex LegendsのスキンやFIFA 20のカードパックが含まれており、これだけでもEAの収益は22億ドルを超えています。

次期はリメイクでスタート
マイクロトランザクションの成功にも関わらず、エレクトロニック・アーツが新年度第1四半期に予定している次のゲームはリメイクとなっています。これらはDLCの機会をほとんど提供していません。しかし、これが経営数値に影響を与えるかどうかは、1年後にならないとわからない。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply