Emma by Emma in
一般的な

VALORANTの開発者が初めてesportsを題材にしたより詳細な発言をしています。League of Legends』で知られる暴動独占とは大きく異なる新コンセプト。
VALORANT公式サイトにて、esportsに関する計画に関する新たな声明が公開されました。そこでは、Esports Whalen “Magus” Rozelleのディレクターは、駆け出しの戦術的なFPSのコミュニティに対応しています。

まず第一に:開発者自身は、Esportセグメントでのゲーム開発を当分の間、距離を置いておきたいと考えています。第1回大会は、地域の方々が主催する大会となります。ライオットゲームズの珍しい言葉 これらは、すべての糸を自分たちで引っ張りたいという理由でLoLを通して知られています。

自然開発が中心となるべき
だから、Riotは「プレイヤー、コンテンツ制作者、トーナメント主催者とのパートナーシップを第一に考える」一方で、他の誰もがすでにトーナメントを開催することができます。しかし、ライオットはより大きな組織で発言権を持ちたいと思っている。これを定義するために、彼らは非暴動トーナメントを3つのカテゴリーに分けている。

– 小規模なトーナメント – 最高$10,000の賞金を獲得し、プレイヤーやコミュニティの人々によって組織されています。主に楽しく、競争的な思考のために編成されています。
ここは暴徒が自由に手綱を与えているところです。

– 中規模のトーナメント – 賞金は最高$50,000までで、小規模の企業やエスポート団体やブランドが主催しています。自分のブランドを収益化したり、宣伝したりするためにヴァランストーカーにサービスを提供することは、通常、”VALORANTグローバル・エスポート・エコシステム “の一部ではありません。
ライオットはこのような大会のために、各主催者との間で調整を行います。これらは大会の規模や状況によって異なります。

– メジャートーナメント – 最大のスポーツ組織のトーナメント(RiotはESL、Dreamhack、OGNを例に挙げています)、トーナメントはマネタイズされ、”VALORANT Global Esports Ecosystem “の一部となっています。
暴動は、これらのトーナメントでも発言権を要求している。この種のトーナメントでは条件が最も厳しいですが、生産品質はとてつもなく高くなければなりません。グローバル・エスポーツ・エコシステムが具体的にどうあるべきかは、まだわかっていません。

カウンターストライクとco.co.の新たな競争
このニュースは、特にCS:GOの開発者であるValveにとっては頭痛の種になるでしょう。VALORANTは、Counter-Strikeがビッグスポンサーを探す際に最初から悩まされていた大きな問題を解決しました。

バルブシューターのテロリストが爆弾を置く一方で、VALORANTでは攻撃者と防御者だけが存在します。ボムというよりスパイク。打たれた時に相手から噴き出す血飛沫も、必要に応じて除去することができます。

長く勝負に勝てば、大会の反応も長くはないだろう。シューター向けのEsport市場は、今後数年で非常に興味深いものになるでしょう。最初の大きな組織はすでにVALORANTでチームを結成しています。

エスポートとしてVALORANTを追求していくのでしょうか?Facebook、Twitter、Instagramで教えてください!

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply